自己紹介

​神秘の世界、心の平和、世界平和の探求者

生まれて以来数十年もの間、私は「目に見えない世界」や「神秘の世界」には全く興味がありませんでした。


興味がないというよりは、深く関わりたくなかったと言った方が正しいかもしれません。


その理由は単に「見えない世界が怖かったから」です。

「オカルト」という言葉は、超自然の現象、神秘的現象、 目に見えないこと、などを意味しますが、私がこの言葉を聞くたびに真っ先に連想するのは幽霊でした。​​

​私は、長い間、見えない世界に対して全くの無知であり、見えない世界を理解しようとさえしなかったのです。

私の職歴を簡単に説明すると、私はアルバイトも派遣社員も含めて、さまざまな仕事を経験してきました。

幼稚園教諭や家庭教師などの教職に加えて、海外では日本の大手銀行、日本の地方では中小企業、都内では複数の大手外資系企業でも働きました。

どれも現在の職業とは全くかけ離れたものばかりでした。

一方で、「世の中には科学ではまだ証明できない、未知の領域がある。それが目に見えない世界だ」ということだけは理解していました。

「私たちはどこからやってくるのだろう?」「私たちはなぜ死ぬのだろう?」「死んだら私の心(魂)はどこにいくのだろう?」という疑問は子供の頃からずっと抱えて生きてきました。

そんな私が、10年ほど前に自分自身に起きた「科学では説明できないある出来事」がきっかけで、「見えない世界」「神秘の世界」に、にわかに興味をもつようになったのです。

その出来事を経験して以来、見えない世界は私にとって徐々に身近な存在になっていきました。

そして、やがて、私にも目に見えない存在を感じることができる能力があることに気づきました。

それは、つまり「見えない世界」とつながる力ということです。

「見えない世界」に心を開いた私には、次々と神秘的な体験が起こりました。

私が形而上学の世界に興味を持つ、最初のきっかけとなった体験は、単に神秘的なだけではなく、精神的に非常に辛い過酷な体験でもありました。

 

しかし、結果的に、その体験を通して、私は過去の自分と向き合い、自分が幼い頃からずっと抱えてきた不安や恐れの原因を見つけることができたのです。

その過酷な神秘体験の中で、私は、現在の私の活動に繋がる3つのキーワードを神様から受け取りました。

それが「光」「伝える」「広める」でした。

この3つのキーワードを受け取った当時、私はこれらが何を意味するのか、さっぱり理解できませんでした。

しかし、その1年後、気づいたら、私は形而上学を学び、ヒーリングの技術を取得していました。

まさに「光」「伝える」「広める」という活動を始めている自分に気づいた瞬間です。

私の神秘の体験は現在も進行中です。
全ての謎が解けたわけではありません。

私は神様に「まだ解けていない謎があります。これはいつか解けるのですか?」とを尋ねてみました。

神様はこうおっしゃいました。「人生は謎解きゲームのようなもの」

おそらく私は今後の人生で、まだ解明されていない謎を解いていくのでしょう。

「見えない世界」に心を開くようになった私は、「科学だけを信じる生き方」は、物事のある側面しか見ようとしない「固定観念にとらわれた生き方」だと思うようになりました。

振り返ると、「見えない世界」に心を閉ざしていた時の私はまさに「固定観念」の囚われの身でした。

そんな私が、現在私自身が行っているヒーリングに出会い、「固定観念」から見る見るうちに解放されたのです。

「固定観念」というものは、人の心の自由を制限し、生きづらい人生を送らせてしまう、いわゆる「心のバリア」でもあります。

ところが、人が一度「固定観念」から解放されると、これまで心を分厚い雲のように覆っていた不安や恐れから解放され、まるで、目の前の視界が急にパッと明るく広がったような感覚を覚えるのです。

「固定観念」からの解放は、これまで私を苦しめていた全てのものからの解放を意味しました。

まず、不安や恐れがなくなり、15年以上続いていた睡眠障害を克服することができました。

不安を解消するための飲酒の習慣もなくなりました。
私はもうお酒を飲みたいとは思いません。

ネガティブな思考から解放され、常にポジティブな思考を保つことができるようにもなりました。

自分のことがこれまで以上に好きになりました。
自分のダメな部分も含めて、ありのままの自分を受け入れることができるようになったからです。

人々が私をどのように評価するかは、もはや重要なことではなくなりました。

人生の目的や自分の強みを発見することもできました。

他の人々の悪い面よりも良い面にもっと興味を持つようになりました。

目に見える美しさよりも目に見えない美しさをもっと大切にするようになりました。

心のバリアが無くなったことで、心にかけていたブレーキが外れ、思考がクリアになったり、新しい挑戦をしてみようと意欲的になったり、次々と新しいアイディアが浮かんでくるようになりました。

これ以外にもたくさんの良い変化がもたらされました。

よく「強く願えば願いが叶う」とか「引き寄せの法則」などの言葉を耳にしますが、実際には願ったり、祈ったりするだけでは簡単に現状を変えることはできません。

例えば、「固定観念」はそう簡単に取れるものではありません。

長い時間をかけて作られた「考え方の習慣」というのは簡単に変わるものではないのです。

だからこそ、私が提供するヒーリングを通して、私自身が体験した変化を、そして、他の多くの人達が体験したあらゆる種類の良い変化を、できるだけ多くの人達に体験して欲しいと願っています。

私の使命は、この地球上で、「本当の自分」としてイキイキと生きる人達を増やすことでもあります。

「あなたの人生が変わる体験」をしてみませんか?

まずはあなたの悩み事や不安に関するカウンセリングから始めていただいても構いません。

誰にも言えない悩みを抱えて苦しんでいる方がいたら、迷わずご相談ください。

疑問な点は何でもお尋ね下さい。

私のこれまでの人生経験や体験が、あなたが抱えている問題や課題の解決に役立つかもしれません。

あなたが、不安、恐れ、苦しみ、固定観念から自分を解放すること、

 

この世の中で「唯一無二」の存在であることを実感し、自身の眠っている潜在能力を引き出すこと、

 

そして、永遠に輝く人生を送っていくこと、

 

これらを可能にするために、私は全力でサポートしていきたいと思っています。

​最後に、私のもう一つの願いを聴いてください。

私は皆様の人生が輝くのをサポートすると同時に、「真の平和な世界」を築きたいという情熱を持っている方々の活動推進にもエネルギーを注いでいます。

​もしも、あなたが以下のような願いや思いをお持ちであれば、また、既にこうした活動を実践中であれば、迷わず私にご連絡ください。

 

・不公平な世の中を変えたい

​・自分が所属している組織、業界、分野の意識改革をしたい

・社会的弱者を置き去りにしない社会をつくりたい

・人種差別、外国人差別、あらゆる差別をなくしたい

・地球温暖化をストップさせたい

・動物福祉を広めたい、向上させたい

・女性の地位向上を推進したい

​・性的少数派の人達が暮らしやすい世の中を作りたい

・ホームレスをなくしたい

・自殺者を減らしたい

・依存症患者を減らしたい

​・貧困をなくしたい

・子どもたちが将来に希望を持てる社会を作りたい

・政治や社会のしくみを変えたい

​・政治参加する若者を増やしたい

・人権問題に興味がある、問題を解決したい

・世間の関心が少ない分野の活動を広げていきたい

・暴力、虐待、争いの無い社会を築きたい

等々、あらゆる社会問題に興味がある方、社会変革に積極的な方、平和な世の中を追い求めている方。

こうした活動を推進するために、あなたの年齢、性別、外見、知名度、肩書、学歴、資格、知識や経験の豊富さは全く関係ありません。

これらはあなたという人間の本質ではなく、あなたを彩る装飾品に過ぎないからです。

より良い社会を望んでいる方、平和な世界を実現したいと考えている方であれば、どんな方も大歓迎です。

学生、失業中の方、フリーターの方、専業主婦/主夫、教師、政治家、医師や看護師など医療に携わっている方、介護に携わっている方、会社員、パート、派遣社員、公務員、研究者、芸能活動をされている方、スポーツ選手、ジャーナリスト、文筆家、芸術家、思想家、哲学者、弁護士、活動家、経営者、個人事業主の方、‥すべての職種の方、お待ちしています。

あなたの今後の活動をより良い方向へと導くきっかけをご提供できると確信しています。

ヴィートリスバッハさゆり
 

人生で最も大切なことは、純粋な心を維持すること、そして、何も恐れないことです

Sayuri 

モダンミステリースクール公認ヒーラー、

メンタルケアカウンセラー®

自尊心を持って生きることはとても大切なことです。

けれども、その自尊心は自分が持つ能力、才能に慢心することではありません。

自分と他人を比較することで得られる優越感でもありません。

Sayuri 

さゆりの写真1.JPG