top of page

皆さんは「自己啓発」という言葉にどんな印象をお持ちですか?

自己啓発という言葉をネットで検索すると、ウィキペディアの記述はこんな感じです。

『自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。他に、自己開発、自己啓蒙、自己変革、自己改革などの表現も使用される。』―ウィキペディア

私は長い間、自己啓発という言葉に魅了され、結局は本を読み漁るだけ、という経験の持ち主でした。

例えば、老子の『道徳経』、宮本武蔵の『五輪書』、20世紀初頭から人気を博しているナポレオン・ヒルの『成功哲学』、またロンダ・バーンの『ザ・シークレット』などのいわゆる「引き寄せの法則」と呼ばれる思想など、数えきれないほど多くの実践的な自己啓発書が世の中に存在します。

ひとつわかっていることは、それらはすべて8000年前の古代エジプトの神人ヘルメス・トリスメギストスの教えに由来するということです。

ヘルメス・トリスメギストスは占星術(のちの天文学)、読心術(のちの心理学)、錬金術(のちの化学)の始祖であり、秘教、密教と現代科学の生みの親であると言われています。

ヘルメスの目的は人類の文明を開化させるための秘密の鍵(マスターキー)🔑を世界に広めることにありました。

ヘルメスは、人類も含めた、宇宙に存在するすべてのものには、いわゆる『今いる場所よりも高い段階に上りたい』という無意識の願望(向上心)があると説いています。

天と地、宇宙と人間、神と人間についての真理を伝えるヘルメスの教えは、人間の意志の選択次第では創造にも破壊にも向かう、あまりに壮大なものでした。

そのため、その教えを中途半端にしか受け取ることのできない人々には決して開示されることはなく、選ばれたエリートのみに限定された秘密の鍵(マスターキー)として 口承(口づてに伝承すること)によって脈々と伝えられてきました。

昔も今も、ヘルメスの秘密の鍵の教えは、「イニシエーション」と呼ばれる通過儀礼を通じて、彼が創始したミステリースクールの門下生たちによって受け継がれ続けています。

「自分をより高いレベルに引き上げたい」という純粋な願望を実現するために必要な、ヘルメスの秘密の鍵(マスターキー)🗝️の存在は、25年ほど前にミステリースクールによって、初めて一般に公開されました。

この、ヘルメスの秘密の鍵(マスターキー)を得るための最初の扉は、最初のイニシエーションである「アデプト」によって開かれます。

アデプトになるためのプログラムは、2日間にわたって行われるセミナー形式のもので、ヘルメスの秘伝の教えを座学で学ぶだけでなく、古代から口伝で密かに伝えられてきた儀式を修得し、2日目の最後には通過儀礼「イニシエーション」の儀式でクライマックスを迎えます。


重要なのは、このイニシエーションがなければ、秘密の鍵(マスターキー)への最初の扉は開かれないということです!


イニシエーションを受けなければ、学んだことは単なる知識で終わってしまうのです。

なお、ミステリースクールは宗教団体ではないので、宗教は一切教えません。

また、引き寄せの法則や成功哲学を教える自己啓発セミナー団体ではないので、「楽をしてお金を稼ぐ方法」や「勝ち組になる方法」を知りたい人には不向きだと言えます。

アデプトから開かれる最も崇高な教えは、宇宙、人類、そして万物に関するヘルメスの深遠な教えを『純粋な心で理解し、受け取る準備ができた者』にのみ授けられます。

これまで自己啓発本を何冊も読んだり、自己啓発セミナーに参加したり、特定のスピリチュアル・リーダーたちの教えに惹かれたり、特定の宗教を信じたり、動画サイトで流れているニューエイジ思想を信じたり、引き寄せの法則のアイディアを取り入れたりしたけれど、ただ知識を得ただけだったという人もいるかもしれません。

アデプトプログラムは、なぜうまくいかなかったのかを理解する手助けをします。

アデプトを既にご検討中の方、あるいは、なぜ物事がうまくいかないのか、どうすれば人間としてより高いレベルに自分を引き上げることができるのかについて知りたい!と思う方は、ぜひアデプトプログラムでその秘密の鍵(マスターキー)🗝️を受け取ってください。

※アデプトプログラムは今夏(2024年8月8日)、現行の80,000円から100,000円に値上げされます。

価格改定が実施される前に受講したい!という方は、まだ間に合いますので、お気軽にご相談ください。
 

bottom of page